質問:
ブラシから髪を出す方法
michaelpri
2015-01-24 09:34:40 UTC
view on stackexchange narkive permalink

私はうまく機能するヘアブラシを持っていますが、それにたくさんの髪が詰まる傾向があります。この髪の毛をすべてきれいにする効果的な方法が必要です。

試しました:

  • 抜く-これには時間がかかり、手間がかかります
  • 水で洗い流す-これは何もしませんが、問題を悪化させることさえあります

ブラシからすべての髪を取り除くための迅速で効果的な方法はありますか?

重複ではありませんが、この答えはあなたのために働くかもしれません:http://lifehacks.stackexchange.com/a/2468/32
四 答え:
#1
+6
Engineer Toast
2015-01-27 05:39:16 UTC
view on stackexchange narkive permalink

Kenorbの答えは非常に徹底しているように見えますが、結果が完璧でなくても問題がない場合は、私の方法を使用できます。フォークで削り取ります。タインはブラシの毛の間に入りやすく、一度に3〜4箇所でつかむことで、髪を壊したり緩めたりする代わりに、髪全体を引き抜くことができる可能性がはるかに高くなります。フォークを食べる前に洗うことを強くお勧めします。

出典:これを行ったので、犬のブラシでも完全に機能します。

#2
+3
kenorb
2015-01-24 18:11:05 UTC
view on stackexchange narkive permalink

Anithamallyaのブログ madefrompinterestの記事、いくつかの興味深いコメント、および適合した手順によると、次の手順に従う必要があります。

  1. 必要なものはさみ、はさみは、毛を通り抜けて櫛の根元まで届き、すべての髪の毛を取り除くことができる小さくて平らなものです。
  2. はさみをいくつか取り、ブラシで髪を2列目または3列目ごとに縦に切ります。剛毛の間に割り込んでいることを確認してください。
  3. はさみの先端を取り、はさみを髪の下で縦にスライドさせて持ち上げます。髪はすぐに持ち上げられるはずです。すべての髪の毛が取り除かれるまで続けます。
  4. オプションで掃除機のホースアタッチメントを使用し、残りの髪の毛をブラシから掃除機で吸い取ります。
  5. ほとんどの場合かさばる髪の毛を取り除いたら、少量のシャンプーまたは食器用洗剤を混ぜた温水を入れたシンクにブラシを置きます。

    または、シャンプーとベーキングソーダと一緒に白酢を使用します。ブラシを濡らし、重曹を振りかけ、小さじ1/4杯、白酢小さじ1杯を重曹に注ぎます。 15分間そのままにしておきます。

    または、白酢がない場合は、背の高いグラスに重曹またはアンモニアを入れ、ブラシと櫛を追加してから、沸騰したお湯を追加してそのままにします。

  6. 予備の歯ブラシを用意して、ヘアブラシの各列と上部全体を激しく上下にこすり洗いします。
  7. ペーパータオルの上に置いて乾かします。
  8. ol>
ブラシによっては、髪をカットしないケノーブの答え(つまり、ステップ2をスキップする)もうまく機能し、削除された髪を処分しやすくします。
#3
+1
Kate Gregory
2015-06-16 22:25:58 UTC
view on stackexchange narkive permalink

くしを持っている可能性はありますか?

片方の手でブラシを持ち、もう片方の手でくしを持ちます。あなたから最も遠いブラシの端に櫛を置き、ブラシの後ろに出会う毛の端までそれを小刻みに動かします。次に、コームを(ブラシの長さに沿って)手前に引いて、毛のマットを剛毛から集めます。最終的に、櫛はあなたに最も近い端の剛毛から飛び出し、髪はすべてその前にあります。指で櫛から髪を引っ張って捨てます。

読むよりも時間がかかりません。

#4
  0
user15950
2016-07-23 23:21:28 UTC
view on stackexchange narkive permalink

ブラシの底に一枚の紙を置き、毛が通り抜けることができることを確認するか、紙の代わりに(髪を濡らした場合、濡れて乾いた状態を保つことができるものを使用してください)、このステップの後に髪の毛は正常で、髪の毛を抜く準備ができたら、紙(または使用したもの)をはぎ取り、ブラシをきれいにしてから再度塗ります。



このQ&Aは英語から自動的に翻訳されました。オリジナルのコンテンツはstackexchangeで入手できます。これは、配布されているcc by-sa 3.0ライセンスに感謝します。
Loading...